小学生の頃から面倒みてた女の子に童貞をささげたエロ体験談

俺は小学6年のときに登下校の班長をやらされた。

その時近所に住む小1だった女の子もいつも家まで送り迎えさせられていた。

その女の子に、俺が22歳になった時筆おろしをされた。

その娘は小1のとき登校班に同学年の人がいないから

いろいろかまってやったら懐いて

その後も付き合いが続き、

向こうが中学くらいになってからは

エロい話を向こうから仕掛けてくるようになった。



童貞がばれると恥ずかしいから

ネットで得た知識で経験済みトークをしてた

が、中学くらいのときにはすでに経験済みっぽかった。

その娘が小学、中学と

守ってくれる良い年上の存在的な立場をキープしてて

中学の時に彼女がエロに目覚めた時も

あんまりエロに興味を示さない態度で

むしろ、俺はエロ話には乗らなかった。

それが余計彼女を積極的にさせた感じだな。

大学卒業したとしに田舎の爺さんが脳梗塞おこして

実家の部屋1つ空けないといけないから

家を出て近所にあるうちの貸家のうち

空いてると一戸に引っ越したら

今みたいに彼女が家からの逃げ場的に利用するようになった。

俺としてはまあむらむらするけど、

そんなに我慢できないという感じでもないから

中学の時のように適当に相手してたら

ある日突然「ねえ、私ってそんなに魅力ない?」とか迫ってきてその直後にセックス。

前述したようにネットで得た知識でのイメトレした通りにやった。

ゆっくりした責め、じっくりま★こを責めたら

「すごい、上手すぎる!」と

腰をがくがくさせて言ったので

これは本気で言ってると思い舞い上がった。

しかし、いざ挿入となると予想外の気持ちよさで30秒くらいで射精。

しかも、中田氏。

まずい空気になったので童貞を打ち明けると、

彼女の征服欲か独占欲を満足させたらしく機嫌がよくなり、

今度は積極的に責められる展開になり。

2発3発と射精させられた。

行く直前にスポッと抜かれ抜かれた時には

もう我慢できない状態になってて

そのままのいきおいで射精。

射精した精液をお互いの体に伸ばして

乾燥させた後また次という感じだった。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。