キツくて狭い処女のアソコがキュキュっと小刻みに締まり出して・・

入社して3年位の25~6歳の頃の話。

出張で地方の代理店を訪問した時、

その代理店でちょっと小柄で松井絵里奈に似たベビーフェイスの可愛い子がいた。

20歳位かな?と思ってたら・・同い年と聞いて驚いた。

身長155センチ、バスト78センチのBカップ・・

本人は80センチのCカップと言ってたが・・

ウエスト58センチ、ヒップ77センチと小尻だった!



他メーカーの営業の娘だった。

何度か顔を合わせるようになった。

ある時、代理店の同年代の人達と仕事終わりに飲みに行った。


その時、絵里奈(仮名)ちゃんも来ていた。

俺を含めて男は4人、女の娘は3人といったメンバーだった。

一次会は居酒屋で飲み、二次会はカラオケだった。


男2人と女の娘1人が帰って、男2人、女の娘2人でカラオケ。

自然と絵里奈ちゃんと話す機会が増えた。

他の二人がカラオケで盛り上がっており、マイクを離さないので、

絵里奈ちゃんと身体を寄せあって言葉を聞き取りやすいようにして話をしていた。


ちょっと酔っぱらってトロ~ンとした目のベビーフェイスが、凄く可愛かった。

カラオケもお開きになって帰ることに。

宿泊してるホテルが同じだったので一緒に帰った。


偶然にも同じフロアの向かいの部屋だった。

シャワーを浴びて・・ちょっと飲み足らなかったので・・自販機コーナーへビールを買いに行った。

そこで絵里奈ちゃんにあった。


お風呂上りで、淡いオレンジのボーダーの長袖Tシャツにお揃いのジャージ地の淡いオレンジのパンツ姿で可愛かった。

「あっ・・どうも」と照れる絵里奈。

ちょっと濡れた髪が色っぽい。


「飲み足らなくって・・」とビールを買うと、

「私もちょっと喉乾いちゃってぇ・・」と缶チューハイを買う絵里奈。


「良かったら一緒に飲みません?」とダメ元で誘ってみると、

ちょっと沈黙があって、

「・・はい・・いいですね」と思いもよらない返事。


俺の部屋で飲むことになり部屋へ。

ベッドに腰掛けて、テレビを見ながら、雑談をしながら飲んだ。

シャンプーのいい匂いがしていたし・・パジャマ姿も可愛かった。

スッピンだったが、凄く可愛い!元々薄化粧の娘だ。


ふと・・会話が途切れた時に、抱き寄せ、キスをした。

一瞬、身体が強張ったがすぐに緊張も解け、身体を預けてきて、キスにも応じて舌を絡めると受け入れた。

ぎこちない感じのキスがかえって可愛かった。


そのままベッドに押し倒してキスしながら胸を触った。

「ぁん・・うっ」と声が漏れ、俺の手を押さえた。

「・・初めてなのぉ・・・」とか細い泣きそうな声で一言。


一瞬、意味が分からなかったが、すぐに悟って、

「大丈夫だよ・・リラックスしてね・・」とキスを続けて胸を優しく揉んだ。


そして、全裸にして全身を丹念に愛撫した。

「ぁん・・いやん・・うふ」とか細い喘ぎを漏らし、マンコも十分に濡れてきた。

薄いヘアのマンコはピンクで小さくてキレイだった。


長い時間を掛けてクンニした。

「ぁあん・・・いやぁ・・あん!」と感じてる絵里奈。


フェラしてもらおうか迷ったが、手に握らせてから、

「入れるよ・・」と言うと、

「おっきぃ・・こわい・・」

「大丈夫だから力抜いてね・・」とチンポをマンコにあてがい、正常位で貫いた。

「ああん!いたい!」と上へ逃げようとする絵里奈の腰を掴んで一気に貫いた。


処女膜を破る引っ掛かりが一瞬あって奥まで挿入した。

涙を流しながら小刻みに震えている絵里奈。


「入ったよ・・頑張ったね」とキスすると抱きついてきた。

しばらくその状態でいて、ゆっくりと腰を動かした。


「ぁあん・・だめ・・いや・・」と少し痛そうな声を出したが、

ゆっくりと腰を動かしているうちに、

「ぁあん・・うん・・ふぁ・・」と絵里奈の声の調子が変わってきた。


「まだ痛い?」

「ちょっとぉ・・」

「少しは気持ちいい?」

「うん・・痛いけど気持ちいいかもぉ・・」

確かにキツくて狭い処女マンコは、キュキュっと小刻みに締まり出した。


徐々に腰を激しく振って突くと、

「ああん!だめ!あん!いやぁ!」と喘ぎ声を大きくなった。

どんどん膣が締まるので、射精感がこみ上げてきた。


ナマで挿入していたので、抜いて何とかお腹に出した。

絵里奈の処女の血と精子が混じったのが絵里奈のお腹から小さな胸にかけてぶち撒けられた。

股間も血と愛液が混じった粘液でドロドロだった。

思いのほかの出血量に二人共驚いた。


ティッシュでキレイに拭いてあげた。

その夜は、絵里奈を腕枕したまま、二人全裸で抱き合って寝た。

朝方、もう一度絵里奈を色々な体位で抱いた。

拙いフェラもしてもらった。


まだ痛そうだったが、気持ちよさそうな声もあげていた。

最後は、お腹に出した。


一度自分の部屋へ戻った絵里奈とロビーで待ち合わせして一緒に朝食を摂り、

駅のホームでキスして別れた。


その後、出張先で逢う事が殆ど無かったのであの時一度だけの関係で終わった。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。