夫の上司に荒々しく抱かれて快感を感じた夜

当時私は22才で、今の夫との結婚式が間近にせまっていた時のことです。
結婚式でスピーチを頼む為に、会社で夫を可愛がってくれている、夫の上司の課長さんを
新居に招いて鍋パーティを催しました。
その課長さんは30才後半位で、学生時代にラグビーをしていたらしく、
イケメンの上にガッチリとした体格です。
課長さんは、アルコールもかなり強く、早いピッチでビールを飲み始めました。
アルコールに弱い夫は、課長さんに付き合って飲み過ぎてしまい、
食事の終わる頃にはフラフラになっていました。





課長さんが夫に、
『自分の部屋で休んできな。俺は奥さんともう少し話ししてスピーチの話題を仕入れたら帰るから』
と言うと、夫は2階に上がってしまいました。
私はウィスキーの水割りを用意して、リビングのソファに課長さんと並んで座りました。
しばらく話した後、課長さんは表情を曇らせ
『実は奥さん・・・』
と話し始めました。課長さんが言うには
『会社の経営が苦しく、上司からリストラ対象者のリストアップするよう言われてる』
『ご主人の営業成績が芳しくなく、ご主人がリストラ対象者のリストに入っている』
ということで、
『結婚した途端主人が仕事を失うかも』と思い、頭が真っ白になりました。
すると課長さんは私の体に密着するように座り直して、私の手を握り、
『うちの課のリストラ対象者を決めるのはボクなんだから、ご主人を外すことは簡単なことですよ。
奥さん次第ですよ。分かるでしょ。』と言いました。
私は丁度おつまみも切れていたので、とりあえず雰囲気を変えようと、キッチンへ逃げました。
そして冷蔵庫を開けて前屈みになって中を覗き込んでいると、真後ろに人の気配を感じました。
振り返ると課長さんが私の後ろでしゃがみ込み、スカートの中を見上げていたのです。
『キャッ』と言ってスカートの端を押さえ、体を起こすと同時に、課長さんが抱きついてきました。
私の『やめて』という制止も聞かず、課長さんは
『奥さんを欲しい』と言いながら、唇に吸い付いて来ました。
そして胸を揉もうとしたので、私が胸の前で手を組んで抵抗すると、スカートをまくり上げられ、
太腿やパンティの上からアソコを撫でられました。
私が課長さんの手を押さえると、もう一方の手で胸をまさぐられました。
そしてブラウスを左右に引きちぎられ、
ブラジャーを上へずらされてオッパイにむしゃぶりつかれました。
あまりの荒々しさに声が出そうになりましたが、夫のリストラが頭をよぎり、
主人に気付かれてはいけないと思い声を押し殺しました。
課長さんはハァハァ言いながら、しばらくオッパイを揉んだり乳首を舐めたりした後、
私をキッチンのテーブルの上に腹這いにしました。
そしてスカートをまくり上げ、露わになったお尻を揉んだり、顔をこすりつけたりした後、
パンティを引き下ろし、アソコを指で愛撫したり、舐めたりしました。
私は『はぁん・・・』という喘ぎ声をだしてしまい、アソコはビチョビチョになってきていました。
そしてカチャカチャとベルトをはずす音が聞こえた後、
課長さんのアレが私のアソコにあてがわれるのを感じました。
次の瞬間ズドンと衝撃がアソコから全身をかけめぐりました。
課長さんのアレは今まで経験したことの無い太さで、アソコが壊れるんじゃないかと感じる程でした。
しばらく突き立てた後、今度は私を床に寝かせ、
片足を持ち上げて両手で抱きかかえて、突き立てました。
あまりの激しさに意識がもうろうとしてきて、
気付いた時は大量の白い液が私のお腹の上に放出されてました。
その日以降、課長さんは夫が出張や接待ゴルフで家に居ない時に必ず家にやって来て、
『ご主人のことはボクが守るからね』
等と言いながら、私を抱きます。でも私は主人や同僚から聞いてもう知っているのです。
主人は毎月営業成績のトップを争っていてリストラ対象者になるはずが無いことを。
でも課長さんの前では課長さんの言うことを信じて、頼っているフリをしています。
あの夜以来、課長さんに荒々しく抱かれることに快感を感じてしまった・・・。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。