裸で1日中セックス三昧な日を過ごした童貞のエッチ体験

今から20年以上も前の話で、

初めてのセックスで幸運にも初中出しさせてもらった時のことを書きます。

それはちょうど、地方から東京に出てきて

「学生時代を謳歌してやるぞ」とばかり、

解放された気分になってた大学1年の時で、季節もちょうど今頃でした。

相手は高校3年の時の同級生で、

駅も西武池袋線のS名町とH長崎で、隣同士でした。



彼女は、結構色っぽくて、可愛いというよりは“いい女”といった感じで、

クラスではあこがれていたヤツも多かったようです。

かく言う俺も、彼女の結構ミニなスカートからのぞく脚や

水泳授業の水着姿などを目に焼き付けてはオナニーしていたものです。

実は、彼女には高校時代付き合ってた男がいて、

バンカラな校風の中では結構目立つ「男を知ってる女」だったと思います。

でも、彼とは卒業してしまってからというもの、

同じ東京とはいえ距離的に少し離れたみたいで、

「隙あれば・・・」と思っていた俺。
彼女のアパートや進学先も、

高校のクラス有志がまとめた名簿で分かっていたし、

実際、彼女を東長崎の駅前のスーパーで何度か見かけたことがあって、

チャンスさえあれば誘って何とかエッチしてみたいと狙ってたわけです。

そのときは案外あっけなく来ました。

駅前の公衆電話ボックス(当時は自分の電話なんか無かった^^)で話していると、

目の前を彼女が・・・。

あわてて電話を切り彼女に声をかけると、

「まぁ、こんなところで会うなんて!」って感じで凄くビックリした様子でした。

聞けば、H長崎駅のスーパーには結構買い物に来ているとのこと。

広い東京で地方出身の二人が出会った偶然さが彼女に親近感を覚えさせたみたいで、

せっかくだからと誘った喫茶店にも快く応じて来ました。

喫茶店では最初は当たり障りのない会話でしたが、

お互いどんなところに住んでどんな生活しているかの話になり、

それじゃ「すぐ近くだから」と俺のアパートに来ることになりました。

まさか、憧れの彼女が自分のアパートに来るなんて夢にも思わず、

半ば「ホントかよー?」って感じでした。

“見られてやばいものはなかったよな?”

と自分の部屋を思い出しながら、彼女を自分のアパートに連れて帰りました。

途中、“男のアパートにいきなり来るなんて、セックスOKってことかな?”

と自分で勝手に解釈したりしてました。

部屋に入ってからというもの、

いかにして彼女とモノにするかばかりを考えていたので、

ロクなことは話しかけていなかったんじゃないかと思います。

そんな俺の雰囲気を感じ取ってか、

学校のことや普段の生活やアパートの家賃なんかの話題中心の彼女。

でも、色っぽい仕草で結構俺と接近して座ってたので、

密室の中、彼女の着ているブラウスの下に透けてる見えるブラや

胸の膨らみがすぐ手の届くところにあると思っただけで、

童貞の俺には正に猫に鰹節状態でした。

そのうち彼女が、積んであった雑誌の中からエロ本を見つけ出し、

ペラペラとめくりながら

「あー、○○君、こんなの見てるぅー!」

とイタズラっぽい眼をするので、

「こんなんじゃや普通だよ。もっと凄いのあるよ」

と、とっておきのヤツを見せると、処女じゃないくせに

「やだぁ、これすごーい」

とか言いながらも結構恥ずかしそうにしながら見てました。

途中から二人並んで座り、俺がページをめくって二人とも食い入るように見てると、

「○○君、これ見ながら自分でしちゃうの?」

と訊いてきました?

彼女の体から発するいい匂いに遂に耐えきれなくなって、

Gパンの上からでも彼女にすぐ分かるほど勃起してた俺が

「そうだよ」

と答えると、

「コラコラ!」

と冗談交じりに彼女。

その時、思い切って

「だったら、オナニーじゃなくて本当にさせてよ」

と軽く言うと、すかさず笑いながら

「だめよぅー。」

の返事。

「なら、オナニーするしかない。オナニーしない男はいないよ」

と俺が言うと彼女はなぜか笑いながら

「オナニーはだめ」

と言うではありませんか。

でも、

「高校の時からずっーとE子(彼女の名)とセックスしたかった」というと、

「だって」とか「でも、・・・」

といくぶん軟化。

「じゃぁ、E子のこと思いながら一人で寂しくオナニーするしかないよ。」と俺。

彼女は俺の股間がハチ切れんばかりに盛り上がっているのを

イタズラっぽい眼で見ている。

彼女の体を褒めちぎってなおも押しまくると、遂に彼女も

「じゃ、ちょっとだけ・・ねっ」

この言葉を聞いたときには、”セックスにちょっとも何もあるモンか”

と思いながらも、あこがれの女で筆下ろしができると思うと、

心の中で思わずガッツポーズをしてました。

抱き寄せてキスすると、彼女の方も俺の首にしがみつきながら息を荒らげ、

求めるように舌を絡めてきました。

きっと、彼氏と離ればなれになってから暫く経ってたし、

男が欲しくなってたのかもしれません。

胸を揉むと、自分の方からブラを外してきました。

乳首が既に硬くなっており、指で触ると彼女の体全体が反応するので、

新鮮な印象でした。

次に小振りだけどツンと上を向いてるオッパイに夢中でむしゃぶりついていると、

彼女が「フェラチオしてあげる」

と言って俺のGパンのファスナーを下ろし始めました。

女性の前で勃起した自分の性器を見せるのは初めてで少し恥ずかしかったけど、

彼女に引っ張り出された俺のペニスは思いっきり立ちまくってました。

「○○君のおっきいー!」

と彼女、わしづかみにしたと思うといきなりくわえて来ました。

ネットリとして熱い彼女の口の中で、

舌が勃起しまくった亀頭に絡みつく初めての感触に

「オオ!これがフェラチオかぁー」と初心者は思ったものです。

“実際のセックスの方はもっと気持ちいいんだろうな”と想像しながらも、

彼女のオマンコがどうなってるか

(当時はインターネットもなく裏ビデオもでる直前だったので恥ずかしながらどのような構造になってるか分からなかったのです!)

を見てみたくて、先ずは彼女のスカートの中に手を入れて

パンティの上からワレメの位置や感触を確かめ、

股のところから指を滑り込ませると、

湿った柔らかなビラビラが確認できました。

“今からこれに俺のチンチンをぶち込むんだな”と思うと、

いといよその時が来たと思ったものです。

フェラチオしたままの彼女の腰をグイと引き寄せ、

パンティを下ろそうとすると、「待って!」と彼女。

「シャワーを浴びさせて」というので、一旦シャワーを浴びさせることにしました。

上半身裸の彼女は浴室へ入って行き、

その間俺は布団を敷いて裸になって待ってました。

その間の時間が長かったこと!!

でも俺のチンチンにはさっきのフェラチオの感触が生々しく残ってました。

ようやくシャワーを浴びてきた彼女、

バスタオルを体に巻いて出てきてペタリと俺の布団に座り、

最初からキスのやり直し。

今度は前よりも激しいディープキスで、

二人とも布団に倒れ込んで、お互いの体をまさぐりあいました。

すぐに彼女のバスタオルはとれ、開いた彼女の脚の間に顔を潜り込ませると、

見たかった彼女のオマンコが淫らに濡れていました。

指で拡げながら初めて見るそれは彼女の内臓の一部を見ているようで、

“これを使って初めてセックスできる”と思うと、

クリトリスも膣口もビラビラもみんな“俺の物”のような気がしてきました。

すぐに膣の中に指を滑り込ませようとすると

「あん、まだだめっ」と彼女。

“そっか、充分に前戯か・・”と思いながら、

クリトリスにむしゃぶりつきました。

ソコは石けんの香りに隠されてはいましたが、

初めて嗅ぐ雌の匂いで、思わずナメまくりました。

笑うようにはしゃいでいた彼女の吐息がだんだんと荒くなり、

脚も全開、オマンコも自分の指で開いてきます。

こっちも、今までの想像と雑誌等で集めた知識を総動員して

そのオマンコをなめまくり、もう夢中でワザと音を立てながらのクンニでした。

“このオマンコの中に、一体何人の男のチンポが出たり入ったりしたのかな?”

と思いながら、舌を膣のへ入れると、彼女が凄い声を・・・。

“あぁ、やっぱり入れて欲しいんだな”と思い、

何回も舌を入れたり出したりしました。

そのたびに、アパートの隣の部屋に聞こえそうな大きな声で

「あぁん・・。いぃ・・」

今度は人差し指を入れると、彼女は身をよじらせながら

「入れてー」とおねだりしてきた。

指を全部入れないうちに、指の先が底に当たって、

“以外に膣って小さくて浅いんだな”と思っていると、

「指じゃなくって、○○君のチンチン。入れていいわよ。・・・。」

いよいよ彼女とセックスできると思うと、すぐにでもブチ込みたかったけど、

さっき思ったことを彼女に訊いてみることにした。

彼女のオマンコから指を抜いて焦らすように

「ね、今まで何人の男とセックスしたの?」

「え?・・・、何人でもいいじゃない・・・。ねぇ・・」と彼女。

「だめ。何人とセックスしたの?今まで何人の男のチンチンがこのオマンコの中に入っちゃったの?」

「あなたが2人目・・・」と俺のチンチンを愛おしげに握りながら、

彼女は脚を拡げて自分の膣口に正確に導いてくれました。

そのおかげで、最初でありながら

“慣れるまでは穴の位置が分かんない”

なんてこともなくて、そのまま腰を押しつけると

チンチンの先っぽが彼女の体の中に「ヌクッ」っていう感じで入っていきました。

「あぁ、これがセックスなんだなー」と思い、

初めてチンチンで味わう彼女のオマンコの中は、ネットリ熱くて窮屈でした。

半分入れた頃、避妊が気になり、

「コンドームつけなくて大丈夫?」と聞くと、

「今は赤ちゃんできないの・・」と彼女。

もっともコンドームも用意してなかったから、

せっかくの筆下ろしのチャンスをコンドームがないために

みすみす逃がすことにならなくて良かったと、彼女の体に感謝したものです。

こうなったら、思いっきりやるだけで、

もう夢中になって彼女の体の中を突きまくっていました。

腰の動きは、自分でも思ったより攻撃的にうまくできたように思います。

彼女は、深く入れるたびに

「あぁー、大っきぃー」

と連発し、

「いぃー、いぃー」

と言いながら俺の首に手を回してしがみついてきました。

すぐに射精してしまうのももったいないような気がしてきて、

いろんな体位を彼女にとてもらいました。

正常位から始まって屈曲位・座位・騎乗位・バックと、

何回も何回も入れたり出したりして楽しみました。

彼女は特に入れてしまってからのピストン運動よりも、

最初は出した状態からズボズボと挿入してもらうのが好きなようでした。

バックや特に騎乗位では、もうチンチンの根本まで入っているのがバッチリ見えて

興奮モノだったんですが、指を入れたときと違って

奥深くチンチンを入れてもそのままどこまでも入って行くのには

ちょっとした驚きでした。

彼女が喜ぶように、彼女の愛液で濡れまくったチンポを出したり

一気に入れたりを楽しんでいるうちに、次第に射精感が高まってきました。

初めてのセックスだったので慣ないために早いかなと思っていたけど、

自分でも意外にずっと長持ちして彼女の方が先にメロメロになっていました。

俺が「気持ちいい?」て聞くと、言葉にならない位に

「気持ちいいのぉ・・・」と彼女。

「俺のチンポ、そんなに気持ちいい?」

「大っきくて、すっごくいい・・・」

「○○(昔彼女が付き合ってた彼氏の名)のよりも?」

「えー!・・・うん。これが一番いい。」

彼女のリップサービスもあったんでしょうが、

そんな言葉を聞いた途端、さっきの質問をまたしてみたくなりました。

「正直に言ってごらんよ。今まで何人とセックスしたの?」

と聞くと、あえぎながらも数えてる様子。

「ほら、何人のチンポをこのオマンコで食べたの?」

と追い打ちをかけると、

「ホントは○○君で5人」

と白状しました。

“彼女にしては意外に少ないかな”と思ったけど、

高まってきた快感に二人とも我慢できなくなっていました。

後は彼女にエッチな言葉を言わせてみたくて、

俺が命ずるままに彼女は「セックス」とか「オマンコ」、

「ペニス」とか喘ぎながら言ってました。

俺は初めてのセックスで生でできたし、

その上、彼女の中にこのまま出せると思うと天にも昇る気持ちでした。

俺が「イキそうだよ、出ちゃうよ!」

と言うと、騎乗位で上にいた彼女は

「ねぇ、上になってね」と言って自分から仰向けになって股を開いてきました。

愛液でグチャグチャになった彼女のオマンコがパックリ開いて

穴の中のヒダも丸見えでした。

思わず彼女に覆い被さり3秒後にはスポッとオマンコにハメ込んでました。

あとはもう射精に一直線です。

彼女の脚を高く上げ、タマタマもメリ込む程深く挿入しながら

一挙に射精してしまいました。

完全に出し終わって抜いてみると、

彼女の膣からドロッとした俺の精液が流れ出てきて、

“おっ、やっぱりこれで彼女の体の中に出しちゃったんだなー”と感無量でした。

と同時に、そのイヤらしいドロドロのワレメを更にイヤらしくしてやろうと思い、

そのまままだ堅いままの俺のチンチンをまた一気に突き立てて

彼女の中をかき回しました。

もうグチュグチュと大きな音を立ててのセックスに彼女は

「あぁ、恥ずかしい」とか「もっとしてぇー」とか言ってました。

結局、その日は昼の3時頃から翌日の夜まで部屋にこもりっきりで、

二人とも素っ裸で食べるのとトイレ以外、

69にセックスのフルコース三昧でした。

オナニーじゃとても2回までしかできないけど、

時間が有り余るほどあったおかげで俺は7回もイキました。

当然最後には、精液はほとんど出ず、ヒクヒクしたと射精反応だけで、

彼女が面白がってました。

でも、俺のチンチンは最後には、立ちはしたけれど全体が痛くて

“彼女の穴の中にはもう入れたくない ”って程に・・・。

彼女のオマンコの方も、膣口付近が赤く充血してました。

それからというもの、彼女とのセックスに夢中になってしまいました。

彼女の方も、彼のチンチンよりも俺の方がおっきくてイイ!とかで、

その彼の目を盗んでは、俺たち二人でセックスしてました。

もちろん、彼とも時々はセックスしていたようですが、

小さめでマンネリの彼より俺とのセックスが好きって言ってました。

そんな彼女とは、その後1年半位関係が続きました。

最初のうちは、もう毎日のように彼女にセックスを求め、

彼女も誘えば必ずさせてくれました。

ラブホに行く金もなかったので、お互いのアパートでセックスしてましたが、

俺のアパートの隣人から彼女の声が大きいと注意されたこともあって、

彼女のアパートに俺が転がり込む形でほとんど同棲しながら、

彼女の生理日以外はセックスの毎日でした。

もちろん、普段はコンドームで避妊してましたが、

彼女に生挿入できるのが待ち遠しくて、

彼女から中出しOKのサインが出ると安全日の間は狂ったように中出しをしてました。

男は、始める前もその最中も終わったあとも

簡単で開放感があって大好きでしたね、中出し・・・。

そんな影響もあってか、その後違う女性とセックスするたびに

中出しから始められるような気がしてたけど、

フェラを強烈にするコでも最初から生挿入OKって女性は少なかったです。

貴重な経験をさせてくれた彼女とは、今でも年に1~2回はセックスしています。

正式なパートナーじゃないので、ゴムは付けてしますが、

彼女の体のタイミングが合うと中出しさせてくれることもあります。

やっぱり、直に味わう筆下ろし相手の中の感触はいつまでも忘れないと思います。

長文失礼しました。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。