奥手な彼女も恥ずかしさよりも快感が強くなって、以前よりもエッチに対して積極的にwww

付き合っている彼女がいたんですが、

何故か全然SEXをさせてくれませんでした

それで、ある日、彼女の家に泊まるつもりで家を出ました。

会って遊ぶことはまああったのですが、

最後にセックスをしたのは去年のクリスマス

先週も先々週も寸前でやんわりと拒絶され、もう我慢できん!

今日こそは!と意気込んで遊びに出かけました。



もともとセックスには抵抗がある、

というか性行為に対して奥手な彼女なので、

いつも、そういう雰囲気に持って行くには苦労します。

が、逆に、私だけに尽くしてくれるし、

開発していく愉しみもあります。

フェラチオやバックなども少々経験させています。

昼間はお昼を食べて、美味しいケーキを食べて、おしゃべりをして

あっという間に夕飯の時間に。

スーパーで二人で買い物をして、彼女のアパートへ帰宅しました。
夕飯は彼女が作り、美味しい楽しい

ひとときを過ごしました。

ここまでは超健全カップルですね。

さて、お酒も入り気分が

良くなってきたところで、

隣でテレビを観ている彼女の肩を抱きます。

別に普通です。

そうですよね。

付き合ってるんですし。

横から首筋にキスをしました。

気持ち良さそうに彼女も答えます。

そのうちキスは唇へ。

お互いに軽いキスを繰り返し、

次第にどちらともなく舌を入れあうように

少しづつ体重を彼女の方にかけていきます。

片手を彼女の腰に回し、

片手は彼女の頭を撫で支えます。

お互いに激しく唇を求めあいながら、

両手を腰、尻、そしてベルトを緩めた

彼女のジーンズの中へ入れて行きます。

ジーンズの中で直接パンティの

上からお尻を揉みます。

いやがるそぶりはないので、

さらにパンティの隙間から指を入れます。

彼女のクリ周辺をまさぐり、

熱く湿っていることを確認しました。

「私、ちょっと恥ずかしいのよ

(だからやめよう)」

と言う彼女。

「わかったよ。(明るいのが嫌なんだね)」

と言いながら僕は立ち上がると、

勘違いしたふりをして電気を暗くします。

「ちがうよ~(ちょい焦り)」

「なにが~?(さぁ行くぞ)」

暗くなると彼女も、

はっきり見えることが気にならなくなったようで、

私の愛撫に反応するようになりました。

カーディガンを脱がせ、

ブラウスを脱がせ、ジーンズを脱がし、

パンティのみで、部屋の角にあるソファに

押し付けるようにクリへの愛撫を続けます。

私もその間に、トランクスのみを残し、

すべて脱ぎ捨てました。

かろうじて身に付けているパンティの隙間から、

クリを刺激し、彼女はすでに濡れ濡れです。

小さいんですけど、

敏感なクリをしています。

そして、潤いがいっそう

充実してきたところで、

人さし指を差し込みました。

気持ちがいいらしく、

「はぅ~うん、ん」

と答えます。

さらに指を一本増やし、右手はクリ、

左手は日本指のピストンで攻めます。

「あっあっ、くくぅ、ん、はぁあ~」

かわいいよがり声。

私のペニスはトランクスを

押し上げもういつ発射してもいいような状態です。

「ベッドに、いこうよぅ?」

と彼女。

「おう」

二人とももう行くところまでいくつもりです。

彼女を御姫様だっこし、

ベッドへそっとおろします。

同時にパンティをはぎ取り、

トランクスを脱ぎ去ります。

羽毛布団に二人でくるまり、

二人とも全裸でお互いの体温、

感触を確かめあいます。

これだけで、

私のペニスはよりいっそう反り立ちました。

二人とも全裸でお互いの

性器を愛撫しあいます。

私は彼女のクリをやさしく指でさすり、

指を膣へと差し込みます。

ねじるように指を交差させると、

彼女の身体がキュウ、っと反り返ります。

彼女はその間、私の首や胸に

やさしく唇で愛撫をしてきます。

手はペニスにそっとそえられ、

ゆっくりと上下にさすったり、

両手で包み込んでくれたりします。

お互い性器がうるおい、

準備は整いました。

私は5か月ぶりの挿入の感触で、

すぐにイッテしまうのではと不安になるほど、

ビンビンになっており、

興奮していました。

コンドームを付け、彼女を仰向けに寝かせ、

両足をYの時に開かせます。

お尻のしたに手を回し、

そっと持ち上げながら、性器同士を近付け、

膣の中にペニスを挿入します。

きもちぃぃ~(涙)

動かすと出てしまいそうだったので、

彼女にじっとしてもらい、

向かい合って私のペニスの上に

座ってもらう形になりました。

彼女にはじっとしてもらいながら、

私の方で腰を上下にゆるやかに動かし、

さらに奥まで入るように突き上げました。

「ん、はぁあ、気持ちいいよぉ」

彼女が声を上げます。

そのまま騎乗位になってもらい、

彼女がゆっくりと上下に動きます。

ペニスが抜けそうなくらい腰をあげ、

思いきり私の上に座ります。

「んん~ぁ、はっ、あぁん」

目を閉じ、腰をくねらす彼女に、

日頃のまじめでクールな面影はありません。

彼女主導で、私がイッテしまいそうになったので、

無理矢理私が上位で今度は押し倒しました。

もちろんここまでずーっと挿入し続けてます。

彼女が両足をMの字に広げ、

私が動かす前から、腰をくねらせます。

「ね、ねぇ、私ね、

こういうのって気持ちいい?」

と彼女

「どういうの?」

と私。その時、

ペニスに突然素晴らしい快感が!

「どう?閉まってる?力入れてみたの~」

「すっげぇきもちいよぉ、やばいよ」

「もっとやってあげる、これで動かしてぇ~」

突然の彼女のひらめきで、

快感が倍増!

私のペニスは爆発寸前です。

私は彼女に口付けし、

腰の動きをスローでかつ

大きなグラインドにしました。

小刻みな攻めは快感も早く訪れますが、

自分がすぐにイッテしまうリスクがあるので、

動きを大きく、ただしゆっくりと行うことで、

徐々に快感を上り詰めて行くように

彼女を攻めて行きます。

彼女はいつも快感を

耐えてしまうようなところがあり、

気持ちはいいけど、

イクことを知らないということが、

今まで続いていたので、私としては

今日はなんとしてもイッテ欲しかったんですね。

だから私が先に

イッテしまうわけにはいかないってことで。

私は気持ちはいいものの、

持続できる快感になってきた一方

彼女は再三のグラインドで

どんどん気持ち良くなってきているよう。

「あっくぅ、ん、んふぅ~んぁ」

「指と今とどっちが気持ちいい?」

という私の問い。

「本物の方が気持ちいいよぉう」

と彼女。

M字に広げた足を曲げさせたまま閉じ、

膝とむこうずねの上に

私が押しかかる格好になります。

そのまま、彼女のヒザをクッションに

ペニスを上から下へと突き刺します。

「あっ、あぁ~」

いつもより過敏に反応する彼女。

気が付くと私が彼女の枕元についた

両腕を彼女がつかみ、

しかも爪をたててきました。

痛かったけど、普段絶対そんなことはしない

ウブな彼女がを見ることもあり、

痛みは快感に変わっていきます。

キリキリと腕に爪が食い込み、

そして

「くぁ、ん、あん」

爪の食い込みが緩みました。

ここで私も限界が来てしまいました。

「いくよ、もう限界だ」

「う・・んふぅ」

今まで以上に大きく早くピストンを繰り返し、

これまでにないくらいの長さで

射精を続けました。

もちろんゴムをつけてますから、

挿入したままです。

射精した後も挿入したまま彼女の唇、

首筋にキスします。

「きもちよかったぁよぉ」

と彼女。

「いつもと違う風になって、

頭の中にビンビン響いてきて、

なんかすごかったぁ」

どうやら最後に絶頂してくれたようです。

「おまえ、すっごい爪たててたぜ」

「えぇ~知らないよぉ、

ごめん、血が出てるぅ~」

約1時間のセックス。

奥手な彼女も恥ずかしさよりも

快感の強くなって、以前よりも

SEXに対して積極的になってくれました




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。